アクセスカウンタ

英字新聞

プロフィール

ブログ名
英字新聞
ブログ紹介
読売、毎日、朝日各社英字新聞の主として社説を学習研究します

■近況
昨年9月15日に脳梗塞を発症、右手が少し不自由になりました。
MRAで脳梗塞の部位を特定でき、素早い処置をとれたので大事に至りませんでした。
快復にむけてリハビリ中です。 (2010/08/09更新 by srachai)
zoom RSS

バンコク楽宮ホテル

2019/01/06 18:05
バンコク楽宮ホテルに泊まったことがあります。
サパンクワーイ、スティサーンインタマラソイ1のスダパレスに宿泊していました。
あえて楽宮ホテルに泊まったのには理由があります。
バックパッカーたちの評判を聞きつけ、自分で確かめたくなったからです。
4階の一番上等の部屋を借りました。
部屋は広く、大きなベッドが二つもありましたが、トイレは不潔で昭和の公衆便所!
それでも幸せでした。
数日しか宿泊しなかったのですが、思い出は強烈です。
やさしかった下の階のおばさんはラーメンをつくりわたしの部屋まで運んでくれました。
夕方北京飯店で晩酌をし、酔っぱらってあたりを徘徊しました。
売れ残っている娼婦たちを部屋に連れ込んで宴会をしました。
ただただ淋しかったからです。
10人以上がわたしの部屋ですごしました。
みなやさしかった。
ラジカセの音楽を流し、安いビールとウイスキーでもりあがりました。
わたしは満腹でも、彼女たちは飢えていました。
わたしがお金を渡して買ってきたチキンの丸焼きにかぶりついていました。
むねがつまります。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ベストジャパンカジノ

2018/12/20 11:55

正直に話しますが、カジノに関しては、私は実際(本物)のカジノしか体験がありません。
仕事でスリランカに3年ほど赴任させられた期間ですが、コロンボのインターコンチネンタルホテルのカジノで週末を楽しく過ごすことができました。

高級洋酒が飲み放題なので酒好きの私としては、あそこは天国だったのです。
カジノはたくさん種類が揃っていましたが、私が手を染めたのはブラックジャックとルーレットだけです。

ブラックジャックは相性が悪くって勝った試しがありませんでしたが、酔っぱらっていてもルーレットで稼ぐことはできました。

赤黒、または偶数奇数の一発勝負です。

勝つ秘訣は、ルーレットのディーラーが玉を放り込んだ直後、ノーモアベットのかけ声がかかりますが、かけ声と同時に貼っている場所を変更するのです。赤だったら黒に、偶数だったら奇数に変更します。

この手で大抵酔っぱらっていても収益をあげることができました。

世の中大変な様変わりですね。
自宅に居ながら、インターネットでカジノができる時代となりました。
本物のカジノとまったく同じように、お金を掛けてカジノが楽しめるのです。

ベストジャパンカジノ ではインターネットを利用して、様々なカジノゲームがまるで本物のカジノのように楽しめるオンラインカジノサイトを広く紹介しています。

サイトで調べたかぎりですが、今の世の中、オンラインカジノサイトで溢れています。
有名なものを列記すれば、インペリアルカジノ、ジパングクラブ、777Babyカジノ、パーティーカジノ、ジャックポットシティーなどがあります。

カジノは楽しいです。多分お金を掛けているからですね^^。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


無料が一番です

2018/06/16 09:05

(1) こちらは無料で使えます
2018ロシアワールドカップの全部のスケジュールと最新情報

(2) こちらはペイパルで10ドル送金すれば10ドルのボーナスがもらえます(無料にちかい)


(3) こちらは日本人に最適です(日本語サイトが充実している)
ベストジャパンカジノ


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


ジパングカジノ

2018/06/15 12:40

タイのスラチャイです。私は、40歳のときに、日本の政府開発援助プロジェクトでスリランカに派遣され、そこで数年間を過ごしました。コロンボから500キロも離れた僻地での勤務はかなりストレスフルでした。一カ月に一度だけ3日間の連休を与えられた我々は、狂ったようにコロンボを目指しました。お目当ては、コロンボのファイブスターホテル、インターコンチネンタルホテルで毎晩開催されている、カジノ。

ここは、コロンボでもお金持ちの上流階級が集まる場所で、日本人といえども、ビーチサンダルや短パンなどの軽装では、入場を許されません。スラチャイはブラックジャックとルーレットをやりました。このカジノでは、高級スコッチウイスキーや高級ブランデーが飲み放題で、ついつい飲み過ぎることが多かったです。

ブラックジャックはディーラーの女性との一騎打ちが多かったのですが、セクシーなディーラーの胸元を眺めながら、ブランデーで盛り上がるころには、判断力も低下。勝った記憶がありません。やはり、私には、酔っぱらっていても、運だけで勝てるルーレットが向いていました。赤、黒あるいは偶数、奇数で一発勝負。 コツはノーモアベットのかけ声と同時に、掛ける場所を、掛けている位置の反対側へ移すのです。

この手で大抵勝ちました。でも、この手法は、かなりみっともないので、あまりお勧めはできません。そういうわけで、ブラックジャックとルーレットは大好きです。サイトで、カジノに出かけなくとも、ネットでカジノ遊びができるのを知り、驚かされました。
それは、ジパングカジノです。誰でも簡単に登録することができ、初回のお金を支払えば、それで、すぐに遊ぶことができます。うれしいのが初回入金に対するボーナスが100%です。ペイパルなどを利用すれば簡単に送金ができてしまいます。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


オンラインカジノ

2018/06/05 16:06
四十歳を越したばかりの時スリランカの大きな灌漑プロジェクトを担当しました。工事の着工から工事竣工まで6年間を要しました。この長きにわたりプロジェクトを完成するためにひたすら我を忘れて一生懸命に働きました。 プロジェクトはコロンボから西側へ300 km ぐらい離れたジャングルのなかにありました。マハベリ川が流れ、近くには仏陀の遺骨が納められている寺院のあるマヒアンガナがありました。

一か月に一度だけ休みがあり、マヒアンガナのジャングルを抜け出して、コロンボにお出かけして、疲れた体と心を癒しました。唯一のお楽しみがカジノ遊びです。コロンボ市内にはインターコンチネンタルホテルがあり、ホテル内で、合法でカジノ遊びができました。私はこのカジノ遊びにすっかりはまってしまいました。

人間には闘争本能というものがあります。カジノ遊びをするということは、闘争本能をむき出しにするということにほかなりません。 私が遊んだのはルーレットです。トランプを使ったブラックジャックなどもよくやりました。 いずれの場合もディーラーと一対一の駆け引きがたまらない魅力でした。インターコンチネンタルホテルのカジノには高級洋酒が飲み放題のサービスがついていました。お酒の大好きなわたしにとってそこはまるで天国でした。

あのときカジノで遊んだ経験がもととなって、日本でたくさんのオンラインカジノの原稿を書きました。どの原稿も著作権はわたしに属しています。まとめてブログにしましたので興味のある方はどうぞ読んでみてください。

オンラインカジノ
http://casino.blog.wox.cc/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


これから先の人生を変えてしまうほどの大きな発見

2018/05/04 15:17
私がブラインドタッチを覚えたのは35歳くらいのときです。ブラザーの手動式のタイプライターを購入して、生まれて初めてブラインドタッチの練習をしました。2週間くらいで指が自然に動くようになりましたが、その威力は大変なものでした。やがて 社内では一番のタイピングスピードをほこるようになりました。あの時のブラインドタッチの練習は大変でしたが、習得した技術は、その後の私の人生を支えるようになりました。

2009年の9月15日に脳梗塞を発症しました。すぐに病院で MRA 血管撮影を受け、素早い処置をしたので、大事には至りませんでした。ですが、右手が多少不自由になり、タイピングのスピードも大幅に落ちるようになりました。昔のように、人が目を見張るようなスピードでタイピングをすることは、もはや、できなくなりました。一番悲しかったことは、クラシックギターで、得意のバッハを弾いて聴かせることができなくなったことです。

これはつい数日まえの話ですが、ネットを巡回していて、音声入力というものを発見しました。すぐに、音声入力の準備をしましたが、1日がかりでも、それを達成することはできませんでした。しばらくしてから、 Google 音声入力ができるのは、Google Chromeというウェブブラウザ 上だけで、それができるのを発見しました。 Google Chrome が提供する音声入力の威力は凄まじいです。PC上でも、 スマートフォンと同じように、素早く音声入力ができることを発見しました。それ以来、音声入力の虜となり、仕事にも応用できるようになりました。これは画期的な発見であり、私のこれから先の人生を変えてしまうほどの大きな発見でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


旅の終わりに

2018/04/09 11:31

 どんなに楽しい旅であっても、終りのない旅はない。
また、どんなに苦しい旅であっても、終りのない旅はない。
どんな旅であっても、終りはかならずやってくるのだ。
旅は人生の縮図であるともいえるし、
旅とは実は人生そのものだということもできる。



 一昨日2011年5月1日、夜8時半にコンケン駅で列車に飛び乗った。
2等車の座席は満席だった。
しかたなくバンコク、ホアランポーン駅まで3等車の狭くて堅い座席で我慢した。
さらに、ディーゼル車の先頭車両だったので、音がものすごく、排気ガスが容赦なく目や喉(のど)を責めたてる。
列車は到着予定時刻の早朝5時より大幅に遅れて6時過ぎにホアランポーン駅に滑り込んだ。
9時間に及ぶ、拷問のようなつらい時間であった。
それでは、悪いことばかりだったのか。
答えはノーだ。
普段めったに交際できないタイ人家族と心も体も触れあう旅が楽しめた。



 真向かいの体重80キロ超のおばさんは30歳くらい。
4〜5歳の男の子を抱いている。
この堅い座席に座っているだけでも辛いのに子供を抱いているお母さんは柔和な表情をしている。
ときどき子供がむずかって、熟睡できないのか大声で泣きじゃぐる。
もしも白人の座席が近くにあれば間違いなくクレームをつけられるケースだ。
周囲のタイ人、全く動じない。動じているのは眠りを妨げられたスラチャイくらいのものだ。
満席状態で立ち席の人も多くいる。なんだか昔の日本の夜行列車の風景だ。



 斜め前の20〜30代の姉妹。なかなかの美形だ。
スラチャイが美人だなって見つめているとそれを見透かされたように笑顔を返してくる。
やがて妹のほうが眠りはじめて、姉の右肩に頭を埋めてこっくりしている。
こんなところでも美しい姉妹愛は人を感動させる。
もしもスラチャイが若くて独身だったら間違いなく話しかけているケースだ。



 ずーっと向こうの席では、美しい20代の女性が大股開きでご開帳。
スラチャイが見て見ぬふりをして、そっと覗いていると、覗かれているのが分かるのか、閉じられてしまう。
こんな馬鹿なこと繰り返しているうちにも列車はひたすらバンコクを目指してがったんごっとん。
ご開帳のこの女性が突然目を覚ましてスラチャイと目があう。
赤くなって下を向いたのはスラチャイのほうであった。



 横の30〜40代のおばさん、スラチャイの横でやたらと姿勢をかえる。
そうでなくとも密着しているので、とても寝ていられる状態ではない。
スラチャイの左肩に頭を埋めて熟睡しているこの女性の首をしめてやろうかと思った。
こちらは一睡もしていないのだぞ!



 コンケンからバンコクまでたくさんの駅に停車する。
深夜に列車が駅に到着する毎に大勢の物売りが乗り込んできて商いを行う。
次の停車駅までが勝負なので、深夜にもかかわらず大声が飛び交う。
タイの夜行列車でも三等車の車内はこの雰囲気なのでとても眠ることなどできないのだ。
売り子のなかにはまだ10代の美しいタイ娘がいたりするので、眠りかけていたスラチャイも現金なもの。
すぐに飛び起きて、飲み物や食べ物を買ってしまう。
サラパオ(中華まんじゅう)のお姉さんはまだ子供、多分14〜15歳。美人だったな。
すらりと伸びた美しい姿態に圧倒されてしまった。
一瞬の静けさは、これらの売り子が列車を降りてしまって、次の売り子が乗り込むまでのわずかな時間だけなのだ。



 明け方の6時半ころホアランポーン駅に到着した。
車内では乗車券のチェックがあるが駅の出口には係員さえいない。
誰でも自由に出たり入ったりできる。
3バーツ支払ってトイレを借りる。
タイでは公共トイレは有料なのだ。
電気カミソリでばりばりとひげを剃ると周囲のタイ人たちが珍しそうな顔をする。
かまわず歯を磨いて、顔を洗う。
爽快な気分が体いっぱいにあふれてくる。



 ホアランポーン駅から徒歩10分で楽宮旅社、北京飯店がある。
スワニーさん元気にしているだろうか。
スワニーさんはまもなく80歳になる女性。
日本の貧乏旅行者(バックパッカー)にとって、楽宮旅社、北京飯店は聖地である。
欧米人のバックパッカーがカオサンを目指すのと好対照なのだ。
スワニーさんの料理はそのスピードが信条。いつもさっとおいしい日本料理を食べさせてくれる。
バンコクで遊びほうけてお金がなくなっては、ここで安い日本食を食べさせてもらった。
無性にスワニーさんに会いたくなった。



 誘惑を断ち切って、ホアランポーン駅の地下鉄に飛び乗る。
日本大使館のあるルムピニまでわずか三つ目の駅であり、10分くらいで到着する。
早朝7時に日本大使館に到着、人影は全くない。
大使館領事部は8時半に業務開始であるが、8時には中に入れる。
8時にドアーが開くまで、チェンマイからやってきたビザ取得が目的の女性と、とりとめのない会話をする。
彼女は横須賀に行くと言っていた。



 9時に在留証明申請を受け付けてもらったら、わずか30分で発行された。
大使の署名付きであるが、最近大使が人事異動で入れ替わっていた。
タイの大使は入れ替わりが激しいような印象を受ける。
これでは地に着いた大使館業務、サービスは難しいのではと思った。
大使は日本を代表する表看板なのだから。
職員はこの10年変わっていないようだ。
タイ語は流ちょうでもプライドが高すぎるような印象を受けた。(受け付けてもらった女性)



 9時半に大使館の前からタクシーに飛び乗って、北バスターミナルへ。
いつもは高速道路を利用するが、運転手が今日はすいているので下を走りたいと抜かす。
何のことはない、時間をかけても走行距離を稼ぎたかっただけなのだ。
なつかしいあの道、この道、全部覚えていた。まるで昨日のことのように。
当時、バンコクの端から端までタクシーに乗っても100バーツを超すことはなかった。
北バスターミナルでメーターを見たら、137バーツとなっていたので、140バーツ支払った。
高速道路を利用すれば80バーツくらいなのだが、高速道路料金40バーツは客が支払う。
結局、時間の浪費であったが、バンコク観光をした気分にはひたれた。



 10時半のバスに飛び乗って、夕方4時にはコンケンに無事戻ることができた。
コンケンのバスターミナルからローマホテルまで徒歩5分。
ローマホテルに駐車していた車に飛び乗って、団地に戻る。
まだ明るいので、娘たちは元気に外で遊んでいた。
バンコクからコンケンに戻ると空気までちがう。
安堵のため息をついたあとで、家族でローマホテルに出かけソレントレストランで食事をした。
酒を飲むので帰りはいつもタクシー。
わずか100バーツのタクシー代をけちって、事故っても情けない話だから。
私は小さな幸せを感じていた。







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

マイリンク集

英字新聞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる