英字新聞

アクセスカウンタ

zoom RSS Is Japan Asia's Next Autocracy? 日本はアジアの次の独裁国家になるのか

<<   作成日時 : 2015/03/01 13:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

FEB 20, 2015 9:00
cite from bloomberg view.com

Is Japan Asia's Next Autocracy?
日本はアジアの次の独裁国家になるのか?
By Noah Smith

Earlier this year, I highlighted a troubling trend in many countries around the world -- the move toward illiberal government and away from human rights. Unfortunately, Japan is catching the bug.
今年初め私は世界各国における政権の反自由主義的な動きと、人権軽視という心傷む傾向につい書いた。残念ながら、日本はこの危うい流れに追いつきつつある。

This might seem like a strange claim.
これは奇妙な言いがかりに聞こえるかもしれない。

Prime Minister Shinzo Abe has implemented some liberal policies, such as a push for equality for working women, and he has championed increased immigration.
というのは、安倍晋三首相はこれまでいくつかの自由主義な政策(女性労働者への平等な扱いの推進など)を実行してきており、移民受け容れにも前向きな姿勢を示してきたからである。

Japan’s society has, in general, become more liberal in recent decades, for example by implementing trial by jury. Furthermore, the country recently repealed a longstanding ban on dancing in clubs.
日本社会は、全般的に見ると、過去数十年にわたって、より自由主義な方向に向かってきた。裁判員制度の導入もその一つだし、クラブにおける長年のダンス禁止も無効にされたのもその一つである。

But all this could become largely irrelevant if Abe’s party changes the nation’s constitution in the ways that it wants.
しかし、こういったことは安倍の政党が日本国憲法を彼らの思い通りに変更した場合には、ほとんどが意味のないものになってしまうだろう。

The Liberal Democratic Party of Japan (LDP), which is one of the most misnamed political parties in existence, has governed Japan for most of its postwar history, with only the occasional brief interruption.
日本の自由民主党(現存するうちで最も実体と異なる党名をもつ政党の一つ)は戦後史のほぼ全時期、短期的な中断をはさんで、日本を支配し続けてきた。

A substantial chunk of the party is philosophically, organizationally and often genetically descended from the political class of Japan’s militarist period. この政党の実質的な部分は哲学的にも、組織的にも、またしばしば遺伝学的にも、日本軍国主義時代の政治的支配者の流れを汲んでいる。

As one might expect, it didn't completely internalize the liberal values that the U.S. imposed on the country during the American occupation.
それゆえに、当然ながら、アメリカ占領期に日本におしつけられた自由主義な価値観をこの政党はまったく内面化することがなかった。

That faction, once a minority, now appears to be dominant within the party.
かつては少数派であったこの党派が、現在では自民党内の支配的な勢力となっている。

The LDP is now campaigning to scrap the U.S.-written constitution, and replace it with a draft constitution.
自民党は現在、アメリカが起草した憲法を廃棄し、代わりに自主憲法を制定しようとしている。

In a booklet explaining the draft, the LDP states that "Several of the current constitutional provisions are based on the Western-European theory of natural human rights; such provisions therefore [need] to be changed."
自民党の改憲草案は「現行憲法の条項のいくつかは自然権についての西欧的な理論に基づいており、そのような条項は変更されねばならない」と謳っている。

In accordance with this idea, the draft constitution allows the state to restrict speech or expression that is "interfering [with] public interest and public order.”
この考えに基づいて、自民党改憲草案では、国は「公益及び公の秩序に違背する場合」には、言論の自由、表現の自由を規制することができるとされている。

The draft constitution also repeals the clause that prohibits the state from granting “political authority” to religious groups -- in other words, abandoning the separation of church and state.
また、宗教集団に国家が「政治的権威」を賦与することを禁じた条項も廃絶される。つまり、政教分離原則が放棄されるのである。

Even worse, the draft constitution adds six new “obligations” that it commands the citizenry to follow.
さらに悪いことに、草案は国民が従うべき六つの「義務」をあらたに付け加えた。

Some of these, such as the obligation to “uphold the Constitution” and help family members, are vague and benign. A third, which requires people to “respect the national anthem and flag,” is similar to constitutional amendments advocated by conservatives in the U.S.
「憲法擁護義務」や家族扶養義務のようにあいまいで無害なものもあるが、「国家国旗に敬意を払う義務」を国民に求めるようなアメリカにおける保守派が推進している憲法修正と同趣旨のものもある。

But the other three “obligations” are an obvious move toward illiberalism and autocracy. These state:
他の三つの「義務」はあきらかに反自由主義と独裁制を目指している。

“The people must be conscious of the fact that there are responsibilities and obligations in compensation for freedom and rights.”
「国民は責任と義務は自由と権利の代償であるということを自覚せねばならない」

“The people must comply with the public interest and public order.”
「国民は公益および公の秩序に従わねばならない」

“The people must obey commands from the State or the subordinate offices thereof in a state of emergency.”
「国民は緊急事態においては国家あるいはその下部機構の命令に従わねばならない」

These ideas wouldn't be out of place in China or Russia. The provision for a “state of emergency” echoes the justification for crackdowns used by many Middle Eastern dictators.
これは中国やロシアであれば憲法に書かれていてもおかしくないだろうし、「緊急事態」についての条項は、多くの中東諸国で弾圧のために利用されている正当化の論拠と同じものを感じさせる。

Unfortunately, the deeply illiberal nature of this draft constitution has largely been ignored, especially in the West.
残念ながら、この自民党改憲草案のきわめて反自由主義的な本質は欧米ではほとんど注目されていない。

Most people in the West hear only about one piece of Japanese constitutional change: the revision of Article 9 of the current constitution, which forbids Japan from having a military.
欧米の人々は改憲というのは日本国憲法の一部、軍隊を保有することを禁じた現行憲法九条の改定のことだと思っているからである。

It is true that the LDP draft constitution does repeal Article 9. And it is true that repealing Article 9 is a big reason why Abe wants constitutional change.
自民党改憲草案が九条廃絶をめざすのは事実だし、九条廃絶が安倍の改憲の主要な目的であることも事実である。

But focusing on demilitarization is a dangerous distraction.
けれども、われわれががこの問題を非武装という論点にだけ焦点を合わて見るのは、重要な論点から目をそらせることになる。

Repealing Article 9 is a sensible thing to do.
たしかに、九条廃絶はデリケートな問題である。

Japan already has a military (called a “Self-Defense Force”), and interprets the demilitarization clause so loosely that it’s unlikely that repealing Article 9 would change much.
日本はすでに軍隊を保有している(名前は「自衛隊」だが)。そして、九条の非武装条項はかなりゆるく解釈されているから、ここで九条を廃絶してみても事態はほとんど変わらない。

It is very doubtful that Japan would invade other countries if the constitution were rewritten.
憲法が改定されたからと言って、日本が他国に侵略を始めるということはほとんど考えられない。

Japan might as well call its army an army.
日本はただ、その事実上の軍隊をふつうに軍隊と呼ぶようになるというだけの話である。

But the focus on the military issue has drawn attention -- especially Western attention -- away from the severe blow that the draft constitution would deal to the freedom of the Japanese people.
しかし、九条問題に気を取られていると、われわれは自民党草案が日本国民の自由にどのような打撃を与えることになるのかを見落としてしまう。

Japan’s people, of course, don’t want to live in an illiberal state.
日本国民はもちろん反自由主義的な国で暮らすことを望んではいない。

More than 80 percent of Japanese people opposed a recent “government secrets” law passed by Abe’s government.
And they also oppose the LDPs attempt to ease the procedures for constitutional revision.
日本国民の80%以上は安倍政権が最近採決した「特定秘密保護法」に反対したし、憲法改定手続きを容易にする自民党の企てにも反対した。

Japanese people have grown extremely fond of the freedom they have enjoyed in the past seven decades, even if that freedom was initially imposed by a foreign power.
日本国民は過去70年間きわめて自由な空気の中で生きてきた。それがもともとは外国勢力によって与えられた自由であったにせよ、それを享受してきたことに変わりはない。

The risk is that the Japanese people might be tricked into signing away their own freedoms.
われわれが危険だと思うのは、日本国民が彼ら自身の自由をみずから進んで手放すように欺かれているように見えることである。

Like Western journalists, they may focus too much on the repeal of Article 9, and ignore the replacement of human rights with "obligations." It doesn't help that Japan’s opposition parties are weak, divided and mostly incompetent, while Abe’s government provides the best hope for resuscitating the economy.
欧米のジャーナリストと同じように、日本国民もまた九条の廃絶だけに論点を絞り過ぎたせいで、改憲草案が人権を「義務」に置き換えるためのものだということに気づいていない。日本の野党が弱く、分断され、統治能力がないこと、それに比べて安倍政権は経済再生の最後の希望であるということで許される話ではない。

Now, it’s important not to overreact to all this.
まずもう少し冷静になってみよう。

A constitution is just a piece of paper, and not all countries take their constitutions as seriously as the U.S. does.
憲法は所詮は一片の紙切れに過ぎない。すべての国がアメリカのように自分たちの憲法を杓子定規に守っているわけでもない。

Obviously, if Japan’s leaders want to create an illiberal state, the U.S.-written 1947 constitution isn't going to hold them back; in fact, some revisionist members of the LDP may already silently regard its draft constitution as the “true” law of the land.
日本の指導者たちが非自由主義的な国家を作り出そうとすれば、アメリカが1947年に書いた憲法には彼らを引き止める力はないだろう。事実、自民党内の歴史修正主義者たちは自分たちの改憲草案をこの国の「ほんとうの」法律だと暗黙のうちにみなしている。

Nor is everything in the draft illiberal -- the ban on gender, racial and religious discrimination is preserved, and even extended to the disabled.
改憲草案のすべてが非自由主義的というわけではない。性別、人種、宗教的な理由による差別の禁止は原稿憲法のまま残されるし、健常者障害者の差別禁止にまで拡大されている。

But there is real danger in this new constitution.
しかし、自民党の新しい憲法には真に危険なものが含まれている。

First, it may be part of a wider LDP effort to crack down on civil society, which has become more obstreperous in the wake of poor economic performance and the Fukushima nuclear accident.
第一に、これが自民党による市民社会抑圧の企ての一部だということである。
この動きは経済の低迷と福島原発事故の後、一層物騒なものになってきている。

The government secrets law and other crackdowns on press freedom are a worrying sign -- Japan has already slipped from 10th in Reporters Without Borders’ global press freedom ranking in 2010 to 61st in 2015.
特定秘密保護法とその他の出版の自由に対する弾圧はその危険を知らせる徴候である。国境なきジャーナリストが発表した報道の自由ランキングで、日本は2010年の10位から2015年には61位にまで転落した。

Second, adopting the LDP’s draft could be an international relations disaster.
第二は自民党改憲草案を採択した場合、それが国際社会にもたらすマイナスの影響である。

If Japan opts for the kind of illiberal democracy that is currently the fashion in Turkey and Hungary, it could weaken the country’s regional appeal as an alternative to China’s repressive state.
もし日本がトルコやハンガリーのような非自由主義的な民主政体に向かって舵を切った場合、それはアジア地域において日本がこれまで保持してきた、中国という抑圧的な国家の対抗軸としての特性を打ち消すことになるだろう。

It could also lead to the weakening of the U.S.-Japan alliance -- without the glue of shared values holding the alliance together, the U.S. might be tempted to adopt a more neutral posture between an illiberal China and a mostly illiberal Japan.
その結果、日米同盟も弱体化する。日米両国はこれまで価値観の共有によって一体化してきたわけだが、それが失われるからである。
これから先、アメリカは非自由主義的な中国と、かなり非自由主義的な日本の双方に対して、これまで以上に中立的な立場を採択することになるだろう。

The optimal solution would be for Japan to repeal Article 9 of its constitution while leaving the rest untouched.
日本にとっての最適解はたぶん九条を廃絶して、残りの条項は手つかずに残すことである。

But politically, that seems to be an impossible trick to pull off -- any measure that would allow the LDP to change Article 9 would also open the door for the authoritarian “obligations” and the weakening of human rights.
しかし、このトリックが政治的に何を意味するかはすぐ見破られるだろう。自民党が九条に手を着けた場合、どのようなやり方でそれを成し遂げようと、それは独裁主義的な「義務」と人権の弱体化に向かうドアを開くことに変わりはないからである。

The best realistic solution is for Japan to delay rewriting its flawed constitution at all, and wait for a time when the people in power are not still mentally living in the 1940s.
だから、日本にとって現実的な最良の解は現行憲法にはいろいろ瑕疵があるが、その改定をできるだけ先送りして、いまだに1940年代のマインドをとどめているような人々が政権の座にとどまり続ける日が終わるのを待つことである。

Japan is at a critical juncture in its history.
日本はいま歴史的な転換点に立っている。

It has the potential to become a more liberal society, or a much less liberal one.
日本にはこれまで以上に自由主義的な社会になる可能性もあるし、これまでよりずっと自由主義的でない社会になる可能性もある。

The former choice is both the wise and the moral choice.
より自由主義的な社会をめざすことこそが賢明であり、かつ道徳的な選択である。

Your click on your favorite item is highly appreciated.
気に入ったアイテムがございましたら、クリックをお願いいたします。
(スラチャイ)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

Is Japan Asia's Next Autocracy? 日本はアジアの次の独裁国家になるのか 英字新聞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる