英字新聞

アクセスカウンタ

zoom RSS アジア投資銀 過剰な中国主導で大丈夫か

<<   作成日時 : 2014/10/31 07:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

The Yomiuri Shimbun
What does China’s plan for a new infrastructure bank portend for Asia?
アジア投資銀 過剰な中国主導で大丈夫か

The Asian Infrastructure Investment Bank (AIIB), a new international financial organization led by China, will be established in 2015 based on a basic agreement reached recently by 21 nations, including India and nine Southeast Asian nations.
The establishment of the AIIB has been proposed by China to accelerate infrastructure building in Asia.
 中国の主導する新たな国際金融機関「アジアインフラ投資銀行」(AIIB)が、設立されることになった。
 アジアのインフラ整備促進を目的に掲げ、中国が創設を提唱していた。インドや東南アジアの9か国など21か国が、2015年中の発足で基本合意した。

Demand for investment to build infrastructure, such as railways and roads, in Asia through the end of 2020 will total an estimated $8 trillion, or about \860 trillion.
 アジアでは20年までに、鉄道や道路などのインフラ投資の需要が、総額8兆ドル(約860兆円)に上るとの試算もある。

It is true that the existing international financial organizations, including the Asian Development Bank, will face difficulty in shouldering such a huge cost by themselves.
 アジア開発銀行(ADB)など既存の国際金融機関だけで、これほどの巨費を賄うのが難しいのも事実である。

Emerging Asian economies, which want to use infrastructure development as a locomotive for growth, understandably have high expectations for the AIIB.
 インフラ開発を成長の原動力としたいアジア新興国が、AIIBに期待するのは理解できる。

Japan, however, will not participate in the AIIB because its significance and management policy are not clear. Australia and South Korea are also conspicuously absent.
 一方、日本は参加を見送った。AIIBの意義や、今後の運営方針が不透明だからだ。オーストラリアや韓国も不参加だった。

In July, China also decided to set up a new development bank in collaboration with the other emerging economies in the so-called BRICS grouping, which comprises Brazil, Russia, India, China and South Africa.
 中国は今年7月、ロシアやインドなどと協力し、新興5か国(BRICS)による「新開発銀行」を創設することも決めた。

China apparently wants to use the AIIB and the BRICS bank to counter Japan, the United States and European countries that lead the International Monetary Fund regime and establish a new order in international financing.
 どちらも、国際通貨基金(IMF)体制を主導する日米欧に対抗し、新たな国際金融秩序を構築する思惑があるようだ。

A bank for China’s benefit?

In particular, the AIIB is aimed at providing China’s domestically struggling state-owned enterprises with opportunities to enter the huge market for building infrastructure in Asia. Furthermore, China apparently has a strategy to increase the number of friendly nations by utilizing its foreign currency reserves, now swollen to as much as $4 trillion.
 特にAIIBは、中国国内で行き詰まる国有企業に、アジアのインフラ整備という巨大な市場を提供する狙いがあるのだろう。
 4兆ドルに膨らんだ外貨準備を有効活用し、「中国シンパ」の国を増やす戦略もうかがえる。

It is also worrisome that China’s influence over the AIIB will likely be overwhelming.
 気がかりなのは、AIIBに対する中国の影響力が、突出して強くなりそうなことである。

The bank will be headquartered in Beijing and aims to procure $100 billion in capital. The ratio of investment will likely be decided in accordance with the scale of each economy, which will make China a majority stakeholder.
 北京に本部を置き、資本金は1000億ドルを目指す。出資比率は経済規模に応じて決める方針で、中国が過半を占める見通しだ。

There are nagging concerns that the AIIB will recklessly provide tied loans ― such as requiring Chinese companies to win infrastructure contracts ― in the guise of an international financial institution and will put priority on development projects that are beneficial to China. If its loan screening becomes lax, it is feared that development projects neglecting environmental and human rights concerns will be encouraged.
 国際機関の名の下で、中国企業の受注を条件とする「ひも付き」の融資が乱発され、中国を利する開発案件ばかりが優先されることはないか。融資審査が甘くなれば、環境や人権を無視した開発を助長する恐れもある。

A financial support framework that is excessively dependent on China could stall development projects should the Chinese economy stumble.
 中国に過度に依存した金融支援の枠組みでは、中国経済が変調をきたした際に、開発プロジェクトが滞るリスクも大きくなる。

It is essential for Japan, the United States and other nations to jointly beef up monitoring to see if the AIIB will be operated in a way to contribute to the healthy development of the Asian region.
 アジア地域の健全な発展に資する運営が行われているか、日米などが連携して、監視を強めることが重要だ。

Nonetheless, we should take heed of the use of China’s ample funds for Asian growth. Japan, the biggest ADB stakeholder, should work to establish a proper complementary relationship between the ADB and AIIB.
 潤沢な中国マネーを、アジアの成長に生かす視点も忘れてはならない。ADBの最大の出資国である日本は、ADBとAIIBが適切な補完関係を築けるよう、働きかけるべきである。

(From The Yomiuri Shimbun, Oct. 29, 2014)Speech

Your click on your favorite item is highly appreciated.
気に入ったアイテムがございましたら、クリックをお願いいたします。
(スラチャイ)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

アジア投資銀 過剰な中国主導で大丈夫か 英字新聞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる